キャッシングで借りやすい!「柔軟審査」とは

キャッシングは、通常の銀行からの融資よりも、担保や決算書などの自分の資産について証明するものの提出の必要性が緩いため、比較的簡単にお金を借りることができます。しかし、それだけ返済のための保証がない中でお金を貸すわけですので、その人の「信用」によるものが大きく、金額にも限度があります。
初めての消費者金融・初心者ガイド

融資の際の審査ですが、業者によって異なり、(審査の緩い)キャッシング業界にあっても、特に審査のハードルを低く設定している業者もあるようです。

このような、審査に通りやすくお金が借りやすいものを「柔軟審査」と呼びます(正式な金融用語ではありません。あくまで業界内での通称です)。それでは、なぜ柔軟審査と呼ばれるような基準が甘い審査を行うことがあるのでしょうか。

ハードルを下げて多くの人がお金を借りやすくして、利息で稼ぐというのがもっともな理由ではありますが、いうまでもなく、審査が甘ければ、融資が「事故口」(返済できない)になるリスクも高くなります。

そのバランスを業者がどう考えるのか、ということになるのでしょうが、そのほかの一面として、審査を行う機関の違いというのが考えられます。

それは、融資を行う自社だけで審査を行うのか、信用情報を有する保証会社の情報も合わせて審査を行うのかの違いになります。

保証会社とは、「○○信用保証協会」などが有名ですが、大小さまざまな会社が存在していて、信用保証料を貸し手から受け取る代わりに、借り手の返済が不可能になった場合に、代理返済を行い、債権者(借り手)に(法的措置を含む)返済請求を行います。

保証会社が絡んだキャッシングの場合、初回の融資であれば、過去の情報はないので、比較的スムーズに借りられるのですが、一度でも借りていると、その時の返済状況や遅延の有無などが報告されます。「ブラックリスト」に載っていれば、借りられるハードルは非常に高くなります。

一方で、保証会社が絡まない融資の場合は、信用情報がない中での判断になりますので、キャッシング会社だけの判断になります。

会社の方針にもよりますが、多くの人にお金を貸したい、という方針であれば、融資は通りやすく、これが「柔軟審査」と呼ばれるものになります。

柔軟審査は消費者金融系のキャシング会社が多く、銀行系はまずないと考えてよいです。審査に通りやすいからといっても、むやみに借りて返済に追われるようなことは避けてくださいね。
百五銀行

キャッシング申し込みで必要な書類について

消費者金融の審査は大変にスピーディで、またほとんどの場合、その際の必要書類も本人確認書類のみで済んでしまいます。もしも何らかの事情から、「どうしても今すぐにお金が必要だ!」といったケースに陥っていたとしても、手軽で迅速な審査で、最短では即日の借り入れも可能なのです。

金欠の事情はその人そのひとで異なります。皆さん様々な理由を抱えていらっしゃる事でしょう。

そのようなケース一つひとつにフィットすることの出来る、こうしたキャッシングのスタイルは、消費者金融の人気を支える要素の一つと言っても過言ではありません。

ところが、申し込みの際に本人確認書類以外にも必要なものが出てきてしまうケースが存在しています。 それは、利用できる限度額を50万円以上で契約したい・・・、といったケースです。

キャッシングビギナーの方が50万円を超える限度額になることはほとんどありません。ところが、ある程度長らくキャッシングを利用しているうちに、増額によって限度額が50万円をオーバーしてしまうこともあり得るのです。

また、たとえキャッシングビギナーの方であったとしても、複数の消費者金融を利用することでその限度額の合計が大きくなる事も考えられます。

そんな場合、合計額が100万円を超えると本人確認書類だけでは申し込みをすることができないのです。

このように限度額の大きな申し込みを行うことになった場合、《収入証明書》の提出が必要となる事を覚えておいてください。

この収入証明書としてあげられるものは、

・給与明細書 ・確定申告所 ・納税証明書 ・源泉徴収票

などです。

借り入れを行う消費者金融によっては、収入証明書がなくとも融資をうける事が可能なケースもありますが、また別の会社では収入証明書がなければ融資を受けることができない、といった場合もあり得るのです。

大きな限度額での申し込みが必要な場合、事前に必要書類の確認をしておくことをお勧めします。

違法でブラックな「闇金融」に引っかからないためにできること

キャッシング会社は法的に認可された金融業を営む業者で、その審査や手続き、融資の金額などもすべて法に則って行われています。

金利は通常の銀行融資などと比べれば高いものの、これも法律の範囲内であり問題はありません。しかし、中には違法な金利や手続きを行い、債務者を禿鷹のように蝕む「闇金融」と呼ばれる存在があることを知っておく必要があります。

闇金融の第一は、法的に無許可である違法な存在が挙げられます。合法な業者であれば、店舗やHPなどに「関東財務局長(1)第000号」といった許認可番号の記載があるはずです。しかし、闇金融はそのような認可を得ていないので記載はありません。

また、宣伝文句がいかにも弱者をターゲットにしているようなものは注意してください。「ほかで断られた方大歓迎」や「審査はいりません」「超低金利1%!」などといったサービストークを行っているところこそ要注意が必要です。

最初こそ、簡単に融資を行ったとしても、その金利が法外であったり、「トイチ」(10日で1割)といった、返済のサイトが非常に狭く、ほかで金策をしなければ期限に間に合わないようなスケジュールを設定するところなどがあります。

返済が遅れた場合、脅迫まがいの暴言を吐いたり、暴力、張り紙、大勢での取り立てなど犯罪行為にも見える示威行動を行って圧力をかけ、債務者を追い込んでいきます。

合法なキャッシング会社であれば、法に則って、督促→催告→通告→法的措置といったように順々に喚起を促していくので、全然闇金融とは異なります。

闇金融を特に見分けるポイントですが、急に別の金融会社を紹介しますよと言ったり(「紹介者」:お金を複数業者で貸し続けてたらいまわしにし、金利を貪る)、返済できない人にクレジットなどでものを買わせて、それを安く買ってそれを高く売って利ざやを稼いだり(「買取屋」)、悪徳弁護士と手を組んで、債務の整理と偽って手数料を請求するなど、巧妙な手口で「生かさず殺さず」債務者を食い物にしていきます。

あと、これは比較的簡単な見分け方ですが、「090金融」と言って携帯電話番号しか載せていないものは完全に違法です。

どこに住所があるのかわからず、いつでも逃げられて跡が残らない、まさに闇金融という卑劣なやり方です。とにかく、賢く利用するためには、このような罠にはまらない注意が必要になります。

このページの先頭へ