キャッシングと債務整理について

キャッシングをする際には、遅れることなく返済を続けていくことが大切です。 ですが、人生なにがあるか分かりません。

まじめに返済をしていくつもりだったものの、やむを得ない理由があってどうしても返済ができなくなってしまったというケースもあるかもしれません。 そういった時にはどうしたらよいのでしょうか。 ひとつの選択肢として、債務整理を利用するという方法があります。

債務整理等は、その名の通り債務を整理することを言うのですが、ただ逃げるのではなく、法律の力を利用し、新しい生活を踏み出すために活用できる制度です。 債務整理にはいくつかの種類があります。 中でも有名なのが、自己破産ですね。

ただ、自己破産というと非常に良くないものというイメージを持っている方も多いはず。 すべての財産を手放さなければならない、何もかも失ってしまうというイメージがありますが、実際にはそうではありません。

しかし、デメリットの多い債務整理の方法であることに間違いはないので、まずは自己破産以外の債務整理を検討した方が良いでしょう。

例えば、民事再生や特定調停、任意整理という方法があります。 方法によっては、弁護士の手助けが必要だったり、条件に該当しないといった理由から選択できないものもあるので、自分の場合はなにが選択できるのか、どの方法を選択すれば一番デメリットが少ないのかということをよく考えた上で債務整理について検討していく必要があります。

もちろん、借り入れをしたらしっかり返済を行い、完済をした方が良いのですが、どうしてもそれができなくなってしまった時の最終手段として債務整理というものが用意されていることも知っておくと良いでしょう。

借金が返せなくなってしまったために、さらに他社から借り入れをし、自転車操業のような状態になってしまうとどんどん状況は悪化してしまいます。

しかし、返済ができなくなるということを知った上で新たな借り入れなど行ってしまった場合、債務整理が選択できなくなってしまうケースもあるので注意しましょう。

このページの先頭へ