イメージ画像

助産師への転職について

現在は他の職業で働いているものの、将来的には助産師として働きたいという方はどうすれば良いのでしょうか。

助産師を目指すきっかけというのは人それぞれで、実際に自分が出産をする際に助産師のサポートを受け、憧れから目指しているという方も多いようです。また、看護師として働いていて助産師の職業に触れ、助産師を目指すという方もいます。

医療とは全く関係のない職業に就いていたものの、助産師を目指すという方もいますが、道程は険しいということを理解しておかなければなりません。

まずは看護学校または看護大学を受験して卒業する必要があるわけですが、受験の準備に1年ほどの時間がかかってしまいます。

また、無事に入学できたとしても助産師資格を取るのに通常4年はかかってしまうため、この間は家族のサポートなどを受ける必要も出てくるでしょう。

看護学校や看護大学に入学できれば後はスムーズにいくのかというとそうではなく、しっかり成績を残した上で欠席をほとんどせずに3年間過ごす必要があるので、軽い気持ちで目指せる職業とは言えません。

ただ、本当にやる気と強い意志をもって助産師の資格取得を目指すのであれば、いくつであっても遅いということはないでしょう。

それから、現在すでに看護師として働いていたり、看護師資格を持っているということであれば最短1年あれば助産師になることができます。

実際に、助産師として働きながら助産師学校を受験する方もいるので、その他の職業から目指す場合に比べると道程は優しくなるでしょう。

助産師として働き始めた後も看護師時代の経験や知識を役立てていくことができるので、看護師という職業に物足りなさを感じている、もう一歩上を目指したいと思っているという方からも助産師の仕事は人気があります。

もちろん、看護師なること自体が簡単なこととは言えませんが、助産師という職業は多くの女性をサポートするとてもすてきな仕事であるため、憧れている方は目指してみると良いですね。

このページの先頭へ