イメージ画像

助産師の留学ってどうなの?!

助産師の資格を取得してから、更に様々な経験を積みたいということで、留学を希望する人がいます。そもそも、助産師に留学は必要あるのでしょうか。 結論からいいますと、高いスキルを身につける上で、体験貴重な経験ができるため、チャンスがある場合は積極的に留学することをおすすめします。

近年、医療関係者の留学が増えてきており、助産師の場合は、アメリカはもちろんのこと、ニュージーランド、オーストラリアなどの英語圏へ留学を希望する人が増えています また、経験を積むといっても、いきなり現場で働くということではなく、海外の大学で勉強し直し、新たに資格を取得するというパターンの方が多いようです。

もしくは、インターンシップで留学し、数ヶ月から数年のみ海外の医療機関で働くという人もいます。 尚、海外の大学へ進学した場合ですが、その後は日本へ帰国する人もいれば、現地で助産師として活躍する人もいますので、最終的な進路には個人差があるといえるでしょう。

とはいえ、いざ留学することを考えても、何から手をつけて良いのか分からないということが起きてきます。 そのような時は、いくつかの留学斡旋会社をチェックしてみると良いかもしれません。多くの場合、無料相談かを行っていますし、それぞれの会社で得意分野がありますので、リサーチしていくうちに自分が求めている情報に出会うことができるでしょう。

以上、助産師に留学は必要あるのかについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 最終的には、個人の考え方によって変わってくるといえそうですが、基本的な英語力を身につけておくことも必要となってきますので、準備期間が重要となりそうです。

働きながら、留学の準備をすることは、非常に大変なことではありますが、今以上に助産師として活躍する姿を想像しながら、様々なハードルを越えていきたいものです。 尚、留学斡旋会社を利用する際は、有名な会社を選びながら、できるだけ時間を掛けてプランを練るようにすることをおすすめします。

このページの先頭へ