キャッシングでの審査と借り入れ実績

キャッシングにおける審査とは、その内容が従来のローンとは異なります。住宅ローンや自動車ローンなどは初めから目的が決まっているもので、それを購入する中で、どれだけ返済が可能かどうかの設備資金です。

しかし、キャッシングは担保もなく、目的が限定されていない、完全に自由な資金の融資となります。借りる人がどのような背景を持ち、本当に返済してくれるのかわからない中で、リスクを取りながら、ぎりぎりの審査を行って判断しているのが正直なところです。

審査は、申込者の収入をもとに行います。基本的には18歳以上ないし20歳以上で定期的な収入を持つことが条件となります。

正社員はもとより派遣社員やアルバイト、自営業(条件がある場合もあるようです)など、とにかく定期的にまとまってお金が入る人に限定しています。主婦の人や無職の人はそれ単独では借りることができず、夫や家族の同意などが必要になる場合があります(実際に返済するのはそれらの人たちが稼いだお金からです)。

具体的な審査の方法は、その人の収入と過去の借り入れに関わる信用情報によって行われます。その会社だけで行われるものもあれば、第3社の信用保証会社から情報の提供を受けて、それも踏まえて行われることもあります。

当然、後者のほうがより厳密な審査になりまして、これは銀行系のキャッシング会社に多いようです。過去に1度もキャッシングしたことがないから大丈夫、と考える向きもありますが、確かに悪い情報もありませんが、よい情報もありません。

初回利用の場合は、まず実績作りが重要と判断させるため、いきなり高額の借り入れは難しいものと考えてください。どこの誰だかわからない人に、多額のお金は貸せないのです。

また、キャッシングの利用がなくても、過去にクレジットカードや公共料金の引き落としが滞ったことのある人は、そのことが信用情報に記載されている場合があります。信用保証会社がどこまで把握しているのかにもよりますが、初回であってもこうしたハードルがあるということを理解してください。

もちろん、キャッシングの利用で最もダメなのは、その借り入れの返済が遅れてしまうことです。「要注意人物」としてブラックリストに載ることになります。

キャッシング会社のお客さんとして一番いいのは「高額の借り入れをたくさん借りて、問題なく返済してくれる人」です。それをどうとらえるかはあなた次第ですが。

このページの先頭へ