キャッシングの限度額を決める「総量規制」とは?

キャッシングを行う際、よく「総量規制」という言葉を耳にします。これはどのような制度なのでしょうか。簡単に言えば、借り入れの際の限度額を、年収の3分の1までに限定するというものですが以下で詳述していきます。

従来、キャッシングなどで簡単に借り入れができる状況の中では、借り過ぎて返済ができず、結果として自己破産などの手段を取らざるを得ない人が多く出ていました。

このような人を「多重債務者」と呼び、借りたお金を返すために、違う会社からお金を借りて、それを返すためにまた違う会社から・・・、という負のサイクルに陥ってしまいます。

キャッシング会社のほうも、借りたお金を貸したお金を回収できなければ「貸し倒れ」となり、キャシング業者の経営も圧迫します。金融機関の倒産の社会的影響度がどれほどかはみなさんご理解いただいているかと思います。

そうした負の連鎖を防ぐために、平成18年に「賃金業法」が制定され、「総量規制」の部分も平成22年から実行されました。

貸金業者から借り入れを行う場合は、年収の3分の1までしか借りることができなくなり、例えば年収600万円の会社員の場合、借り入れの限度額は200万円までということになります。

この規制は、新規の借り入れに適用されるため、総量規制以前に、例えば上記の例の会社員が400万円借り入れして250万円返済が残っていた場合は、引き続きその250万円の返済を続けることになり、債務が200万円を下回るまでは、新規の借り入れはできないことになります。

ただし、総量規制には除外規定があり、住宅ローンや自動車ローンは対象外となっています(そうしなければほとんどの人が住宅などを購入できなくなってしまいます!)。

また、この規制は賃金業者(いわゆる消費者金融や信販系ローン会社など)を対象としているため、通常の銀行からの借り入れは対象外となっています。ただ、銀行からの借り入れの際は審査が厳しいので、それだけ返済能力に余裕がなければいけません。

また、クレジットカードでの購入も可能ですので、借り入れがあってもカードショッピングは行うことができます。

また、借り入れの金額が1社から50万円を超える場合や、複数業者からの借り入れが100万円を超える場合は「年収証明書」の提出が必要になります。自己申告では済まないということですので、ご注意をお願いします。

このページの先頭へ