学生はキャッシングの利用ができるのでしょうか

社会人として働いていない、学生の段階でキャッシングの利用はできるのでしょうか。まず、高校生は申し込むこと自体ができません。

大学生や専門学校生ですが、18歳以上から可能なものと20歳以上で融資が可能なものと2種類あります。民法上の契約行為が可能なのは20歳以上ですから、そのあたりも影響しているのかもしれません。当然、18歳で融資が可能なキャッシングのほうが審査は厳しくなります。

学生であってもキャッシングが可能な場合ですが、アルバイトなどで少額であっても収入があることが必須になります。

お金を借りても、返す原資がなければ当然融資を行うことは不可能になってしまうからです。最近は、学生やフリーターなど収入が低く、また身分があまり安定していない人向けのキャッシングも出てきています。

当然、会社員の人向けのキャッシングと比較すれば、融資限度額や審査の基準などは異なるものになりますが、急なお金の需要が発生した場合に頼りになるものになっています。銀行や信用金庫からの借り入れは、学生ですと難しいものがありますので、利用が可能なキャッシングは需要が大きいといえます。

ただし、言うまでもないことですが、借り過ぎは厳禁です。会社員の人でさえ、キャシングの借り入れは慎重に行うべきなのに、収入が安定しない学生がお金を借り過ぎてローン地獄に陥るというのは、今後の人生を考えたうえでも大きなマイナスです。

返済ができず、信用情報に傷がついてしまえば、社会人になってからの通常の借り入れの際も大きなリスクを生じます。

かつて、有名女優が演じたテレビドラマで、ローン地獄に陥った女子大生が、その返済のために風俗店で働くという衝撃的なものがありました。結局、債務が重なればそうならざるを得ないのです。

学生の場合、最大のキャッシングは、無利子、超低利子の「奨学金」があります。キャッシングはそれでも補えない場合の最後の手段として考えておくべきです。どうしても利用しなければならない場合、各種キャッシング比較サイトを見て、より今の自分に可能な条件のところを選びましょう。

このページの先頭へ